TOP > 育児相談室 > 赤ちゃんの病気豆知識 > 腸重積(ちょうじゅうせき)

育児相談室

赤ちゃんの病気豆知識

おなかの病気

腸重積(ちょうじゅうせき)

かかりやすい月齢/3-4ヶ月〜2歳位まで かかりやすい季節/特に決まっていない

どんな病気?

腸が重なるために起こる、腸の通過障害

腸重積とは、腸管の一部が腸管の中に筒状に入り込んで、腸が二重・三重に重なってしまい、自然には元に戻らない状態になってしまう病気です。腸が重なってしまうため、飲食物の通過障害や腸の血行障害が起こり、発症から長時間が経過すると、重なり合った部分の腸が腐ってしまいます(腸管壊死)。ポリープや憩室など腸に何らかの病変があり、それが原因で起こる腸重積もありますが、原因がはっきりしないものも多いです。発症前に、かぜ症状や下痢がみられることがあるので、ウィルス感染による腸管のリンパ組織の肥大が関係しているという説もあります。

主な症状は?

腹痛・嘔吐・血便が主要症状

腹痛・嘔吐・血便が典型的な症状です。腹痛は間欠的で、続いている間(数分間)は泣きますが、おさまるといったん元気になり、また数十分して同じ症状を繰り返します。血便は糸くず状・線状・点状といった少量のことは少なく、イチゴジャム状で、ある程度まとまった量が出ます。

治療とおうちでのケアは?

疑われた場合は直ちに受診を

腸重積は、発症してしまったら家庭での治療法はありませんので、疑われた場合は直ちに小児科や救急センターを受診して下さい。医療機関での治療は、まず高圧浣腸による腸管の整復が行われます。造影剤や空気を肛門から大腸内に注入し、重なった腸管を押し戻す方法です。高圧浣腸で元に戻らない場合や、発症から時間が経って腸管壊死や腹膜炎などが起こっている場合には、外科的な開腹手術が行われます。腸重積を予防する方法は、特にありませんが、数日以内に再発したり、繰り返す場合には原因疾患がないかどうか調べる必要があります。

赤ちゃんの病気豆知識

ページトップ