TOP > 育児相談室 > はじめての予防接種安心ガイド > 知っておきたい!予防接種の基本

育児相談室

はじめての予防接種安心ガイド

知っておきたい!予防接種の基本

赤ちゃんの受ける予防接種には、どんな意味があるの? 種類や受け方は?
など、まずは基本的なしくみを理解しておきましょう。

どうて予防接種が必要なの?

赤ちゃんのからだは大人よりも抵抗力がないので、病気の種類によっては、かかると重症化しやすい場合があります。ときには、重い後遺症が残り、死に至ることも少なくありません。予防接種は、そういった危険な病気にかかる確率を減らし、かかっても軽症で済むように免疫をつけます。

そもそも予防接種ってどんなもの?

病原体の毒性をごく弱くしたもの(生ワクチン)、あるいは死んだ病原体の成分(不活化ワクチン・トキソイド)を人工的にからだに入れて、軽く病気に感染させ自然に免疫力ができるようにするものです。そのため、時にはその病気の症状が軽く現れたり、注射を打ったところが赤く腫れたりすることも。これが、いわゆる副反応です。副反応を恐れて接種をしないママもいますが、本当に病気にかかってしまった時と比べれば、症状はかなり軽いもの。積極的に受けるようにしましょう。

予防接種の種類

定期接種

予防接種法に基づいて、国が受けるようすすめている接種です。BCG、DPT、ポリオ、MRの4種類が対象。対象年齢の間であれば、ほとんどは無料で受けられます。

任意接種

接種を受ける人、または保護者が自ら希望して受けます。水痘、おたふくかぜ、インフルエンザなどが対象です。自費で受けるため、接種をためらうこともあるかもしれませんが、周囲で流行したり、かかると重症化しやすい病気もあるので、できるだけ接種を。

予防接種の受け方

集団接種

決められた日時に決められた場所で接種します。BCG、ポリオなど受け忘れると間が空いてしまうので注意して。

個別接種

かかりつけの小児科や病院で接種します。赤ちゃんのことをよく知っている医師だから安心!最近は個別接種が増えています。

ページトップ

接種前と接種後の心がけたいことは?

接種前

接種当日、あわてて準備すると忘れ物をすることもあります。前日までに持ち物を用意し、接種会場までの交通手段も確認しておきましょう。

また、予診票(医師が赤ちゃんを診察して接種可能かどうか判断する資料)も自治体からのお知らせなどを参考に、事前に記入しておきます。当日出かける前には、赤ちゃんの体調をチェック。

肌の状態やうんちの様子を観察し、明らかに普段と違う様子なら接種を延期して。

接種後

接種後は、赤ちゃんもいつもより疲れています。 寄り道をしないでまっすぐ帰宅するようにしましょう。自宅では静かに過ごし、接種後30分経ってから飲食を。すぐに飲食して吐いてしまうと、副反応かどうかの判断がつきにくくなります。

また、赤ちゃんの体調に変化がなければ、接種当日でも入浴して大丈夫!ただし、接種したところを強くこするなどして刺激するのはやめましょう。

持ち物チェックリスト

はじめての予防接種安心ガイドTOPに戻る

ページトップ